寿美佳のコラム広場

二極の調和をテーマに、元気パワーを発信中!

検索


プロフィール

RSS対応


RSS v2.0
RSS v0.91
RSS v1.0

管理


管理室へ

携帯用ブログ


携帯用URL


12 January

エッセイ




エッセイ



趣味で長年、蝶の標本作りをなされている方に出会い、
突然私の下に何百もの蝶がまいおりてきた。


ちなみに私の旧姓は張 寿田(チョウ ジュタ)
両親はパンダの故郷、四川省の人で、神田生まれの華僑という事になり、
学生の頃のあだ名は、チョウチョでした。


幾分同名なので、気にはしていたけれども
蝶もこれだけ集まると、無視は出来ない感じで、
色々とお話をお伺いする事にしました。


蝶の標本は、
日本では、縁起の良いものとしては扱われていないと聞いていますが、
他の国々ではどうなのでしょうか?


参考までに
蝶は、変容のシンボルとして扱われることがあり、
人間の魂の現れとして捉えられる事もあります。


サナギが肉体の在る人間の姿で、
サナギがかえり蝶になる美しい姿は
悟りの境地に達した霊的な自己其の者だそうです。


これから暇なときに、一匹ずつゆっくりと話を聞いてあげたいと思っています。

15:10:07 | sumika | 86 comments | TrackBacks